先端システム科学によるモビリティシステムのモデル化・解析・制御

鈴木研究室では、未来社会において不可欠となる「知能化機械と人間の共生」を念頭に置き、システム制御工学の視点からモビリティ系における重要な課題の解決に取り組みます。研究対象は多岐にわたり、交通やエネルギーマネジメントといった社会システム的課題から自動運転、高度運転支援、移動ロボットの自律制御等、移動体の知能化に関する課題まで、モビリティ系における様々なレイヤーでの重要課題に取り組んでいます。また、本質をとらえるための理論展開とその実装のバランス、他分野との連携・融合を強く意識しつつ、多くの研究プロジェクトや民間企業との共同研究にも積極的に取り組んでいます。