本文へスキップ

計測自動制御学会 第21回創発システム・シンポジウム「創発夏の学校」平成27年8月30日(日)〜9月1日(火)

開催概要ABOUT

ご挨拶

創発現象とは,生命活動や社会現象のように,局所的な相互作用が大域的な秩序関係を生成し,新たな機能を生み出すことを称します.本シンポジウムは,創発現象をシステム工学的視点で捉え,研究成果を発表するのみならず,若手・異分野からの参画者と最新の情報を共有しあう「夏の学校」としての機能を果たしてまいりました.平成27年度で21回目の開催となります.快適な諏訪の地で,晩夏のひとときを熱く過ごしましょう!

→昨年の様子はこちら


日時・場所


開催日 平成27年8月30日(日)〜9月1日(火)
会 場 諏訪東京理科大学(長野県茅野市豊平5000−1)
交通のご案内はこちら

当日の受付場所・開催会場・プログラムはこちらでご確認下さい.

本シンポジウムでは,2泊3日の合宿形式を基本としております.参加登録についてはこちらをご覧下さい.


基調講演

筧 慎治 氏(東京都医学総合研究所)
「脊椎動物の筋シナジーの創発と系統進化: chance and design」


→詳細はこちら


チュートリアル講演・ワークショップ

創発夏の学校では,講義を聞くだけではなく実際に手を動かし,創発を体験するワークショップを実施いたします.本年度は下記4件のテーマについて,若手の有力講師をお招きして開催いたします.
  • WS1 井澤 淳 氏(筑波大学) 「運動学習の計算理論と脳内表現」
  • WS2 内種 岳詞 氏 (理化学研究所) 「創発システムの理解へ向けたシミュレーション技術の高度化」
  • WS3 八畑 謙介 氏(筑波大学) 「進化しないことを選んだ多足類の進化?」
  • WS4 川島 明彦 氏(名古屋大学)「電力システムのパラダイムシフト〜需給バランスの新たな課題を学ぶ〜」

→詳細はこちら

実行委員会

  • 実行委員長:稲垣伸吉(名古屋大学)
  • 副実行委員長:市川純章(諏訪東京理科大学)
  • 副実行委員長:小林祐一(静岡大学)
  • 実行委員:近藤敏之(東京農工大学)
  • 実行委員:舩戸徹郎(電気通信大学)
  • 幹事:松本 卓也(神戸大学,システム工学部会)

バナースペース

CFP 2nd

お問い合わせ

実行委員長 稲垣 伸吉
ess21st_at_gmail.com
※_at_を@に置き換えて下さい.